スルガ銀行カードローン 審査

MENU

スルガ銀行カードローンの審査

スルガ銀行カードローンは、安心の低金利の銀行カードローンです。即日融資は消費者金融が強いという先入観がありがちですが、スルガ銀行カードローンは銀行カードローンにも関わらず最短30分で審査が即日で完了し、平日12時までに契約手続きを完了し当日融資の手続きをした場合は、即日融資も可能という使い勝手のよいカードローンです。

 

スルガ銀行カードローン審査

 

そこで審査が厳しいのか?甘いのか?が気になるところですが、年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方が対象となっております。当たり前ですが返済能力のない無職の方は審査に通過することは難しいです。

 

限度額は800万と大きく、借り換え・おまとめを検討されている方にもおすすめです。

 

→スルガ銀行カードローンの審査はこちら

スルガ銀行カードローンの基本スペック

スルガ銀行カードローンの基本スペック
●即日融資・即日振込み可能
●限度額は、800万円まで
●実質年率は、3.9〜14.9%と低金利!
●収入証明などの書類不要!
※申込金額が500万以上になると必要※2 500万以下でも審査によって収入証明書を求められるケースあり。
●来店不要・口座開設不要
●月々3000円から自分のペースで返済できます。
※借入残高 10万円以下の場合となります。
●コンビニATM・ゆうちょ銀行のATMから利用可能
●VISA機能のついたカードも選べます
●ガン保障特約付き消費者信用団体生命保険へのご加入可能(保険料銀行負担)

 

→スルガ銀行カードローンの審査はコチラ

専業主婦は、スルガ銀行カードローンの審査は可能か?

スルガ銀行カードローンは、正社員だけでなく専業主婦やアルバイトの方でも申込オッケーです。専業主婦の方でちょこっと生活費を借りたいなーといったニーズにもバッチリ対応しているカードローンです。

 

スピード回答がスルガ銀行カードローンの特徴の一つでもありますので、まずは審査申込してみることをおすすめします。

 

→専業主婦の方の審査申込はこちら

スルガ銀行カードローンの口コミ・体験談

スルガ銀行カードローン専業主婦

専業主婦です。主人からお給料のやり繰りの一切を結婚以来任されていますが、どうも私には決まったお金の範囲でやり繰りをするのが難しくて困っています。主人の手取りは月30万円。食べ盛りの息子が二人います。貯金など到底無理で、学校の行事や冠婚葬祭で突然の出費があるとどうにもならなくなってしまいます。

 

先日も、息子のサッカーチームが遠征で泊りがけで試合に出向くことになり、遠征代金の支払いを突然求められて困りました。払えって言われてすぐに払える家庭ばかりではないと思うのですが…。そんな愚痴を同じチームのお母さんにこぼしたところ、スルガ銀行のカードローンなら収入のない専業主婦でもお金が借りられて、返済も月々3〜5千円でいいときき、早速インターネットから申し込みをしてみました。必要だった書類は運転免許だけでした。

 

それをスマートフォンで写真にとってアップロードするのには手古摺りましたが、それ以外には困った事はなく、10万円のご融資をいただきました。返済は、月々5千円ずつ返していますが、臨時収入があれば全額一度に返したいと思っています。10万円の限度額に到達するまで、返済しながら必要な時に何度でも借りられるのは私のようなやり繰りべたの主婦にはありがたいですね。

スルガ銀行カードローン

自営です。吹けば飛ぶような小さい会社ですが、商売はまぁそこそこ順調で、家族を養っていく分には問題ないくらい利益はでてます。でも一番の取引先が倒産して、売掛金回収できなくなって一気に僕の会社までヤバくなった時期があったんです。破産管財人によれば、ある程度は売掛金の回収も見込めるだろうとはいう事だったけど、それは先の話でね。

 

どうしても社員の給料だけは遅配したくないって想いが強くて、社員の給料分の借り入れを決心しました。スルガ銀行に決めたのはMax800万円までの貸付枠がある魅力と、昼の12時までに契約できると即日融資可ってことです。まぁいきなり800万円は無理な話だったみたいだけど、どうしても必要な金額以上で本契約までスムーズに完結できたからいいとしましょう。ただ一つ厄介だったのは、即日融資は本人名義の口座にのみ振り込んでくれるってとこかな。

 

指定した銀行や会社の口座に振り込んでくれてれば省けた手間もあったはあったんだけど、まぁそれは僕のわがままでしょうかね。結局債権の回収もある程度できて、その時に繰り上げ返済を一気にできるフレキシブルさもよかったですね。余計な利息を支払わなくていいですからね。銀行系の貸付で使い道自由っていうのもスルガ銀行のローンならではかなとも思います。